RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
AA=@下北沢SHELTER

ブログとツイッターと連動機能が出来たって?
更新がお知らせされるのかな?
 
  
 
今日は新宿でつよムの予定でしたが、体調不良で欠席。
気持を切り替えてブログを書こう。
 
 
 
 
ライジング2日目の筆が全然進まず。
すごく強烈に感動したものに関して、最近どうも感想が書けない。
日の出食堂でずっとつまずいてますが。 
ライジングだけはいつか絶対に書き上げます。
 
 
とりあえずライジング以降をダイジェストで。
 
・つよム@ビルボード東京(最前席でイッチーさんの真下)
・楽しかった渓谷
・仕事のロケで台風のディズニーシー 
・リベンジディズニーランド
・誕生日にスパムナイト
・プライベート仕事ばっかり
・初めて胃液を見るまで吐く(まだ一昨日の話)
・今更水曜どうでしょうにドハマリ
 
 
 
などなど。きっと今後、書くことはないであろう事たち。 
 
 
 
 
で、ライジング以降、どっぷりハマったバンドが。
1日目の夜に見たAA=。
フェスで初めてみるバンドにあんなに感動して帰って来た事ない。
曲もほとんど知らなかったのに、ものすっごい楽しかった。
 
 
帰って即、CDとDVDを購入。
(まだ3枚しか出てない)
毎日聞きまくってます。
本当に、毎日毎日毎日毎日。
 
 
 

 
 
 
元々好きな人たちが集まってるバンドだから、受け入れるのは早く。
とにかく音がかっこよくてやばいんだけど、なんかそれだけじゃないものを感じる。
 
 


 
 
まずバンド名。
AA=(エーエーイコール)はジョージ・オーウェルの【動物農場】に出てくる "All animals are equal."(全ての動物は平等である)を意味しているらしい。

 
 
ジャケットに必ず豚の絵。
ライジングで見た時も豚のかぶりものをして登場したメンバー。
何の意味があるのかな?って思ってたら、
 
 
 
動物農場のあらすじ→
人間の農場主が動物たちの利益を搾取していることに気づいた「荘園牧場」の動物たちが、偶発的に起こった革命で人間を追い出し、「豚」の指導の下で「動物主義」に基づく「動物農場」をつくりあげる。動物たちの仲間社会で安定を得た彼らであったが、不和や争いが絶えず、最後は理解できない混乱と恐怖に陥っていく。結果的に支配者が入れ替わっただけで、人間が支配していた時以上に抑圧的で過酷な農場となる。

 
 
 
なんですって。
なんか色々考えさせられる。
(答えは全く出せないから書けないけど…)
 
 
 

 
 
#1のイラストは大好きなcolobockle
曲の感じとイラストの感じが合ってるような、合ってないような。
でも彼女のかわいいだけじゃない、なにかクセがあったり、どっかシュールだったりな世界がすごく合ってるようにも見えたり。
 
 
 
で、そのCDジャケット。
 
 
 

 
 
 
なんと表紙から、CDが挟まってる部分?までオール紙製だったり。
売り上げの一部をWWFに寄付してたり。
Tシャツがオーガニックコットンだったり。
 
 

 
なんだか活動そのものも、とても気になるのです。
 
 
 
 
 
と、そんな事はおいといて、ライヴ行ってきました。
予定がど〜〜〜うしても合わなくて行けない(涙)って思ってた所に奇跡の追加公演。
平日、東京、ありがとう!
 
 
 
 
 
 
10月1日(金)
AA=@下北沢SHELTER
 
 

  
 
 
〜基本情報おさらい〜
 
THE MAD CAPSULE MARKETSのTAKESHIのソロプロジェクト。
 
Vo.BACK DROP BOMBのTAKA。
Gt.初代MADギタリストの児島実。
Ba.THE MAD CAPSULE MARKETSのTAKESHI。
Dr.RIZEの金子ノブアキ。
 
 
 
 
いつにまにかライヴに1人参戦も慣れたもんで。
開場を待つ人たちの「久しぶり〜」とか「2、3日前はKYONO見てMADウィークだ」とか「タケシに会いに来たよ」とか、THE MAD CAPSULE MARKETSを愛してる人たちの会話の中にいて(盗み聞き)心地よい。
 
みんなが「待ってました!!」って空気で。
結構いい歳であろう大人たちが「ドキドキしてきた」って。
なんかいつもと違う空気を感じ。
 
  
 
会場に入ったら超狭い!!!
やっぱり男子率が高い。
こりゃ危険だと即後ろへ。
後ろで大人しく見るなんて本来好きではないんだけど…
 
次の日が朝から結婚式のため、絶対絶対、怪我はしちゃいけない。
まちがっても顔面に傷なんか作って行けない。 
ライヴで怪我を心配する事ってそんな無いと思うけど、
自分の過去の経験で… 
 
MADのライヴではモッシュが死ぬほど恐ろしかった。
笑顔でぶつかり合うって空気ではなく、リアル喧嘩のような。
半分殴り合いのような。
さらにBDBではダイバーに顔面を蹴り上げられた思い出が(笑
 
 
案の定というか、なんというか、前の5列目くらいはビッチリ埋ってて、
後ろが空いてる。明らかに誰かが暴れるように(笑
 
 
 
セットリスト
 
 
prologue{2+2=4}
GREED...
INDUSTRIAL
BASS JUNKEES
meVIR
ROOTS
BP Master
FREEZE
I HATE HUMAN
PEACE!!!
2010 DIGItoTALism
 
EC
 
FREEDOM 

 
 
 
prologue{2+2=4}の音と共にメンバーが来たけど全く見えない。
まぁでもいいや〜〜って感じで。
やっぱり中盤は暴れん坊が多くて…多くて…多くて…
 
  
 
 

 
楽しそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2曲目のGREED...の時には笑顔で突っ込んでる自分が。
やっぱダメだ。我慢できなかった。
 
 
あ〜〜〜楽しすぎる。
これこれ!!この感じ!!
ステージとか見なくていいやってこの感じ!!
思う存分人の波にもまれ、1曲で汗だく。
でも思ってたほど激しくない、安全な感じでした。
(か、自分が動じなくなっただけか)
 
 
で、シェルターは天井も低いし、ステージ前の間もないんだけど、ダイバー出るわ出るわ。
しかもギュウギュウじゃない時のダイバーって本当に暴れて危険だから怖い。
ダイバー出た瞬間そそくさと後ろに避難。
一度発射台にされそうになり、肩に乗られ、後ろに倒れそうになった。
いや、背中広いけど女子ですんで。
 
 
この日はiPhoneで生中継なんてのがあったので、そのスタッフの人の隣へ。
ここなら安心だろうと。

TAKAはモニターに乗ってたのか?手を挙げると天井に手が届いてしまう。
FREEZEの時だったか?ずっと手を挙げてるんだけど、ずーっと拳が天井にめり込んでて、
(ソファーみたいなフカフカの天井なのよ)
あれ、真顔でやってるけど、絶対狙ってるよな?的な。
ふざけてやってるだろって。 
 

 
TAKESHIの静かだけど熱い煽りが好きだな。
大きく煽ることはしないけど、客席をじっと見てみたり。
胸に手をあててみたり。

MCはTAKESHIがぼそぼそと。
本当に一言二言で「混みあってるから、周りでやばそうな奴がいたら、助けてあげてください」とか。
無理にテンションあげなくても、それだけで燃えるからすごいな。
 

でももう、ほぼステージも見えないし、どうでもいいや〜〜と
自分だけの世界に入ってみたり、
モッシュに突っ込んで行ったり、
純粋に音を楽しもうって感じに。
 
 
 
でもPEACE!!!になって「あれ?もしかしてもう終盤?」と。
 
  
 

 
あっくん一目も見てないじゃん!!と焦る。
 
 
 
 
 
ドラマーを好きな人って毎回大変だなぁなんて思いながら、
激しいモッシュゾーンをするする〜〜っとすり抜け、あっさり3列目へ。
すんごいギュウギュウだけど、こっちの方が慣れてる感があるな。
(スカパラのギュウギュウさは、やっぱり異常だってこーゆー時思う)
 
 
ギリギリで見えたあっくんは、やっぱストイック。
あ〜〜〜〜やっぱり素敵だ!
最初からあっくんが見えてたら、きっとこのライヴの過ごし方は変わってたであろう。
(きっとずっと見入ってしまってた)
だから、最後にチラリくらいでちょうど良かったのかな。
 
 
 
最後にはけ際に、真ん中あたりで男子に「あっくーーん」と呼ばれ、上からバシバシ手を叩いてく姿を見ただけで「かっこいい…」とキュンキュンしてるくらいだから(笑
 
 
 
 
 
とにかく死ぬほどかっこよかった。
ライヴが楽しすぎてやばい。
 
 
ライジングの時は大きいステージだったから、すごく「演出」がされていて。
その世界に魅了されてしまったから、若干シンプルな今回のライヴに物足りないかな?
って感じもあるかと思ったんだけど。
 
 
も〜〜〜これはこれ!って感じの素晴らしいライヴで。
より、生身のバンドっぽいというか。
まぁ単純に狭いハコは燃える!ってのもあるけど。
とにかく素晴らしかった。
お客さんも含めて。
 
 
 
 
次行けるのはいつになるんだろう??
常にライヴをやっててくれるバンドじゃないから若干寂しさが。
余韻でしばらくがんばるしかないのか。
 
 
 
 
クセがあるから全員にお勧めできる音楽ではないけど。
このブログを読んでる中のROCK班の皆さま、ぜひぜひAA=聞いてみてください。
そしてあの空間を共有できる人、募集中。
 
 
しばらく誰も反応してくれなくても、
しつこくアピールし続けて洗脳していきます。うふ。

author:maeG, category:【AA=】, 18:50
comments(6), trackbacks(0), pookmark